日本刀の分類−図解編

INDEX
@刀剣の分類 A造込の分類 B切先の分類 C茎の分類 D茎尻の分類 E茎の形状の分類
F鑢目の分類 G刃文の働きの分類 H刃文の分類 I帽子の分類

日本刀
刀装具
甲冑
日本刀・刀装具・甲冑の用語図解
日本刀物語
鑑賞と蒐集
日本刀の発見届けと登録
飯田高遠堂へのリンク
仏像の世界へのリンク
 日本刀の部位の名称については日本刀・刀装具・甲冑の用語図解でご覧いただけたと思いますが、それぞれの部位のなかに鑑定上大切な分類方法があります。ここでは図解して説明します。以下使用イラストレーションは(『刀剣百科年表』飯田一雄著 1971 刀剣春秋新聞社)からの転載です。

@刀剣の分類は、左図のような種類に分けられます。ここでみる太刀の形状は平安時代の中ごろ完成したといわれていますが、鎌倉時代中期に「打刀」と記述される文献があらわれます。重武装時に装着されたと思われる太刀に対して、軽武装時に用いられた刀剣と思われ、太刀に代わってしだいに刀剣の一般名称になっていきます。刀と太刀の区別は、茎に刻んである作者銘が刃を下にして腰に佩いた時、外側に刻んであるものを太刀といい、刃を上にして腰に指した時、外側に刻んであるものを刀といいます。ただし例外もあります。たとえば備中青江の刀工群や豊後国行平などは、太刀しか製作しなかったと思われる時代に刀の銘を切る側に銘を切っていますから、「刀銘」の太刀とか佩き裏に銘を切るなどと呼び、新刀期の肥前国忠吉一派は「太刀銘」に切りますが刀と呼んでいます。ただし、太刀を磨りあげて短くして、刀として使用されたものはたとえ銘が太刀銘であっても刀と呼びます。
 また、薙刀については、長巻という名称で呼ばれることもあります。
INDEX

A造込(つくりこみ)の分類は「太刀、刀、短刀などをどういった形状で作製してあるのか」という分類です。大半の太刀、刀は鎬造(しのぎづくり)、短刀は平造(ひらづくり)で出来ています。鎬造という造込はよい利器の三条件である「折れず、曲がらず、よく切れる」というそれぞれ相反する要素を包み込む合理的な構造といえます。切刃造(きりはづくり)は古い形式で正倉院の大刀や伊勢神宮の式年に奉納される刀剣にこの形のものがあります。また、鋒両刃造(きっさきもろはづくり)はここでは短刀の写真を掲げておりますが、長いものでは、正倉院のものや平家の重宝と伝えられる「小烏丸」が代表的な遺物です。両刃造(もろはづくり)は剣に代表される造込で、文字通り刃が両面にあるものです。冠落造(かんむりおとしづくり)は、切先部と茎部を除く真ん中が極端に細く作られていて、美的な要素がつよいものです。おそらく造は幕末の名工源清麿に名作があります。
INDEX

B切先(または鋒)は刀剣の鑑定上きわめて大切な要素の一つです。時代の変遷、地域の刀工群の特徴などがよく表れる部位だからです。古い時代の山城、大和の太刀は小切先のものが多く、鎌倉時代になると中切先、蒙古襲来の文永の役(1274)、弘安の役(1282)頃には猪首切先が流行し、南北朝時代には大切先が流行するなどというような具合になります。
INDEX

C茎(なかご)は刀剣の柄(つか)の部分をいいますが、通常、柄とは拵(こしらえ)や白鞘(しらさや)の柄をさします。ここでは拵をつけない刀剣本体の柄ですから茎(中心とも書きます)といいます。孔が開いていますが、拵の柄や白鞘の柄を留めるための孔です。この孔を目釘孔といいます。この目釘孔は南北朝時代の刀工はたがねで打ち抜いて開けたといわれ、孔の形状がまちまちで古拙な味わいがみられますが、室町時代以降はろくろを使用したといわれます。それを裏付けるように正円のものが多くなります。雉子股型は太刀にたまに見ることができます。
INDEX

D茎尻(なかごじり)は茎の最末端をいいます。これにもさまざまな形状がありますが、次に示す茎の形の分類とあわせてご覧下さい。
INDEX

E茎の形は製作当時そのままのものを生ぶ茎(うぶなかご)といいますが、磨上(すりあげ)や大磨上(おおすりあげ)は刀剣の寸法を短くしたことが原因で生じます。折返銘(おりかえしめい)や額銘(がくめい)も同様です。破損が原因で寸法を縮めることもあったでしょうが、一番大きな理由は徳川時代の初め、幕府が長大な刀剣の着装を禁じたことが原因とされています。二尺二〜三寸を限度として、これを「定寸=じょうすん」としましたから、日常腰に指すためには名刀の寸法を縮める必要があったのです。在銘で切り捨てるのが惜しい刀剣は反対側の銘文を折り曲げて逆さにするのを折返銘、それがかなわなければ切り取って額状にはめ込んだのが額銘です。
INDEX

F鑢目(やすりめ)は茎仕立(なかごじたて)の仕上げです。古い時代の刀剣は槌目仕立てですが、鑢が発明されてから左図のようにさまざまな意匠がみられます。各刀工や流派に特色がみられ、鑑定の大切な見所です。

INDEX

G刃文(はもん)は刀工が焼入れをして鋼をいっそう鋭利にした部分をいいます。鍛錬した刀身に土を置きますが、その際、刃の部分には薄く、それ以外には厚くおきます。その後で熱し、急速に冷やすことで焼き入れが完成するのですが、土の薄さ、厚さで温度差を調節しているのです。土の薄い刃の部分は急激な温度差を受けて強固な鋼となり、「切れて、曲がらない」部分に、それ以外の部分は柔らかく粘りのある鋼となり、「折れない」部分になります。刃文の形状はこの土置きで決まります。刃文の分類はこの後で掲げますが、それとは別に刃文にはいろいろな働きがあります。ここでは便宜上刀身の一部分を使って説明します。
 まず、日本刀の刃文には大きく分けて「沸でき=にえでき」と「匂でき=においでき」の二通りがあります。沸は焼刃の中に細かい粒がみられ、銀砂子のように光ってみえます。刃のなかに見られるものを刃沸(はにえ)、地に見えるものを地沸(じにえ)といいます。正宗などが代表格でしょうか。匂は焼刃と地鉄との境界に沿って、くっきりと白く浮き上がったように見える線をいいます。沸も匂も顕微鏡でみると同じもので、学名はマルテンサイトと呼ばれる組織ですが、肉眼で丸い粒状に見えるものを沸、細かくて白い線に見えるものを匂いと呼んでいます。匂できの代表は備前伝といわれます。

互の目足(ぐのめあし)
刃文の働きの分類・呼称と状態
呼 称状  態
掃掛け(はきかけ)焼刃に沿って箒で掃いたように見える跡。
稲妻・金筋(いなづま・きんすじ)沸が凝集して強く輝く線。
打のけ(うちのけ)三日月のように光って見える短い線。
小足(こあし)焼刃の境界線から刃の中に入る状態。
ほつれ焼刃の線が糸がほつれるように幾重にもみえる状態。
二重刃(にじゅうば)焼刃の線が二重になっている状態。三重刃もある。
逆足(さかあし)小足が上方に向いている状態。
飛焼(とびやき)刃文から離れて地のなかに焼状態があるもの。棟にあるものを棟焼という。
葉(よう)刃中により強い焼状態のあるもの。
湾れ(のたれ)焼刃の線がゆるやかな曲線状態をいう。
砂流し(すながし)沸の多い焼刃の刃中が裂けてみえる状態。水底の動く砂を見るようだといわれるもの。
丁子(ちょうじ)刃文の一形状。植物の丁子の実に似ているところからこう呼ばれる。
互の目とは刃文の一形状。互いに重なり合うような形状からそう呼ばれ、下辺が刃の中に入り込む様をいう。
INDEX


H刃文は大別して、直刃との乱刃に分けられ、乱刃のなかにさまざまな形状があります。その乱刃は湾れと互の目が基本であとはそれが変化したもので、それにさまざまな名称がついています。この変化のなかに刀工や流派の特色が発揮されているものですから、刃文の特色と同時に刀工や流派の名称も合わせて覚えておくと役に立ちます。次に簡単な表にして分類しておきます。この分類方法は佐藤寒山著『刀剣鑑定手帖』(財団法人 日本美術刀剣保存協会)によっています。

注・時代略語=平(平安)・鎌(鎌倉)・吉(吉野朝)・室(室町)・桃(桃山)・江(江戸)・幕(幕末)
  作刀略語=太(太刀)・短(短刀) 略語を付してないものは太刀・短刀両方

刃文による流派・刀工の特色
刃文の種類流派と刀工
沸出来の直刃山城・国吉(鎌)、吉光(鎌・短)、来国俊(鎌)、来国光(鎌)、了戒(鎌)、来光包(鎌・短)
相模・国光(鎌・短)、国広(鎌・短刀)、行光(鎌・短)、正宗(鎌・短)
大和・手掻包真(室・短)
備中・吉次(鎌)、恒次(鎌・太)、助次(鎌・太)
備後・正広(鎌・太)、貝三原一派(室・刀)
因幡・景長(吉)
筑後・三池(鎌〜吉)
肥後・国村(鎌・太)、国時(鎌)、国泰(鎌〜吉)、国資(鎌〜吉)
薩摩・波平一門(鎌〜南・太)
新刀・越前国清(桃〜江)、南紀重国(桃・刀)、仙台国包(桃〜江)、肥前忠吉及び一門(桃・江)
匂出来の直刃美濃・兼定(室)、兼常(室)、兼吉(室)
備前・長光(鎌・太)、真長(鎌・太)、景光(鎌)、景政(鎌)、近景(鎌)、盛光(室)、康光(室)、忠光(室・刀)、則光(室)、清光(室)
備中・次直(吉)、次吉(吉)、守次(吉)
直刃に小乱交じるもの山城・久国(鎌倉)、有国(鎌・太)、来国行(鎌・太)、来国俊(鎌・太)
備前・友成(平・太)
備中・正恒(平・太)、守次(鎌・太)、貞次(鎌・太)、恒次(鎌・太)
直刃に逆乱・逆足交じるもの山城・来国光(鎌・太)
備前・真長(鎌・太)、近景(鎌・太)、元重(鎌〜吉・太)、康光(室)
備中・次直(吉)、次吉(吉)、守次(吉)
直刃に節のつくもの美濃・兼貞(室・刀)、兼常(室・刀)、兼吉(室・刀)
新刀・江戸小笠原長旨(江・刀)
直刃にほつれ・打ちのけかかるもの大和・保昌(鎌〜室)
薩摩・波平(鎌〜吉・太)
新刀・仙台国包(桃〜江)、越中守正俊(桃・刀)、市毛徳隣(幕)、勝村徳勝(幕)
直刃に喰違刃山城・来国光(鎌・短)
大和・手掻一類(室・短)
新刀・越前下坂(桃)、越前肥後大掾貞国(桃)
匂口のうるむ直刃奥州・月山(室)
薩摩・波平一門(鎌・室)
匂幅の広い直刃新刀・井上真改(江・刀)、越前守助広(江・刀)、助直(江・刀)、一竿子忠綱(江・刀)
肥前・肥前忠吉及びその一門(桃〜江)
小乱山城・宗近(平・太)、兼永(平・太)、国永(平・太)、綾小路定利(鎌・太)、久国(鎌・太)、国清(鎌・太)、国安(鎌・太)
大和・千手院(鎌・太)、龍門延吉(鎌・太)
奥州・宝寿(鎌〜吉・太)
加賀・藤島(吉・太)
伯耆・安綱(平・太)、真守(平・太)、有綱(平・太)
備前・友成(平・太)、正恒(平・太)、その他の古備前物、一文字則宗、助宗(鎌・太)、その他の古一文字
備中・守次(平・太)、貞次(鎌・太)、助次(鎌・太)、康次(鎌・太)、恒次(鎌・太)
豊後・行平(鎌・太)
小丁子備前・福岡一文字則宗(鎌・太)、助宗(鎌・太)、成宗(鎌・太=小乱に小丁子交じる)、長光(鎌・太)、真長(鎌・太)、景光(鎌・太=小丁子に互の目交じる)
大丁子・重花丁子・蛙子丁子山城・来国行(鎌・太)、二字国俊(鎌・太)
備前・吉房(鎌・太)、助真(鎌・太)、吉平(鎌・太)、則房(鎌・太)、助房(鎌・太)、一文字(鎌・太)、光忠(鎌・太)、長光(鎌・太)、長光(鎌・太)、守家(鎌・太)、国宗(鎌・太)
新刀・肥前二代忠広(桃・刀)、播磨大掾忠国(桃・刀)、出羽守行広(桃・刀)、石堂一派(江・刀)
逆丁子備前・吉岡一文字(鎌・太)
備中・片山一文字(鎌・太)、青江次直(吉)、次吉(吉)、守次(吉)
新刀・二代賀州兼若(江・刀)、福岡石堂(江・刀)、紀州石堂(江・刀)
互の目丁子美濃・和泉守兼定(室・刀)
新刀・美濃新刀寿命その他(江・刀)、会津(江〜幕)、越前兼法(桃・刀)
拳形丁子新刀・河内守国助(江・刀)、横山祐包・祐永(幕・刀)
大湾れ山城・平安城長吉(室)
備前・兼光(鎌〜吉)、倫光(吉=その他一門)、則光(室・刀)、祐定(室・刀)
若狭・冬広(室・刀)
加賀・清光(室・刀)
美濃・兼定(室・刀)、兼国(室・刀)
新刀・埋忠明寿(桃)、堀川国広(桃・刀)、肥前忠吉その一派(桃・刀)、芸州輝広(桃)、南紀重国(桃・刀)、越前康次その一派(桃〜江・刀)、肥後大掾貞国(桃・刀)
小湾れ山城・信国(吉〜室)、来倫国(吉・短)
大和・手掻包永(鎌・太=及びその他一派、吉〜室)
相模・行光(鎌)、正宗(鎌)、貞宗(鎌)
越中・則重(鎌)、義弘(吉・刀)
備前・兼光及びその一門(吉)、義景(吉・太)、盛景(吉)、小反物(吉・太)
筑前・左文字及びその一門(吉)
筑後・三池(鎌〜吉)
肥後・延寿一門(鎌〜吉)
新刀・井上真改(江・刀)、虎徹(江)、興正(江)、大和守安定(江・刀)、仙台安倫(江・刀)、肥前正広(桃〜江・刀)、薩州正清(江・刀)、一平安代(江・刀)、正幸(幕)、元平(幕)
大互の目美濃・兼定(室=その他美濃物)
小互の目大和・尻懸則長(鎌・太=その他大和物)
美濃・為継(吉〜室)
石見・直綱(吉〜室)、貞綱(吉〜室)
備前・吉井物(鎌〜室)、景光(鎌)、兼光(鎌〜吉)同一門、小反物(吉・太)
豊後・高田物(室)
片落互の目備前・景光(鎌)、兼光(鎌)
尖り互の目大和・尻懸一類(鎌〜室)、手掻後代(室・短)その他末大和
美濃・兼定(室)、兼延(室)その他末関
備前・吉井物(室・刀)
出雲・道永(室・刀)
新刀・越前関兼則(桃〜江戸)、兼正(江・刀)、会津兼定(江〜幕)
三本杉美濃・兼元(室)
新刀・加州陀羅尼勝国(桃〜江・刀)
箱乱(角がかった互の目)美濃・志津一門(吉)
伊勢・正重(室)
新刀・加州兼若(桃〜江・刀)、高平(桃)、大和大掾正則(桃)
兼房乱(丸互の目)美濃・兼房(室〜桃・短)
皆焼相模・広光(吉・短)、秋広(吉・短)、綱広(室)その他末相州
山城・長谷部国重、国信、国平(吉)、信国(室・短)
駿河・島田義助、広助、助宗(室)
美濃・兼元、兼常、兼門など(室)
越中・宇多国宗、国光など(室)
備前・末備前祐定、清光など(室)
備後・鞆貞次、辰房重光、法華など(室)
新刀・越中守正俊(桃・短)、越前康継(桃)、肥前武蔵大掾忠広(桃)、伊勢大掾綱広(江)、大慶直胤(幕・短)、細川正義(幕・短)
大乱美濃・志津一門(吉)
備前・長義(吉)、兼長(吉・刀)
筑前・左一門(吉・刀)
新刀・堀川国広とその一門(桃)、野田繁慶(桃・刀)、備中大与五国重(桃・刀)、薩摩主水正正清(江・刀)、一平安代(江・刀)、源清麿(幕)
数珠刃新刀・長曾禰虎徹(江・刀)、興正、興久、興直(江・刀)、上総介兼重(江・刀)、法城寺正広(江・刀)及びその一派
濤乱新刀・津田越前守助広(江・刀)、近江守助直(江・刀)、越後守包貞(江・刀)、坂倉言之進照包(江・刀)、筒井紀充(江・刀)、尾崎源五右衛門助隆(幕・刀)、水心子正秀(幕・刀)、加藤綱英(幕・刀)
簾刃新刀・丹波守吉道(桃〜江)、大和守吉道(江・刀)
菊水新刀・河内守国助後代(江〜幕・刀)
INDEX

I帽子は刀剣の顔ともいうべき特徴があらわれる部分です。ここに刀工の技量もあらわれます。刃文がすばらしい出来であっても、帽子が拙劣であれば、名工の作品とはみることはできません。ここでは、注意すべき帽子について箇条書きしておきます。


丸帽子(大丸、小丸)
この帽子を焼く刀工が古刀から新々刀までもっとも多い。
乱込み地蔵返り
特に、美濃・直江志津一派、末関物によくみられる。
焼詰・掃きかけ
返りのないもので、大和系統の刀工作に限られる。新刀では仙台国包。また南紀国重にまれにみられる。
火焔
掃きかけ沸つき、焔のように尖りごころ盛んなものである。相模の行光、正宗、山城の吉光の作では刃文の盛んな出来のものに見受けられる
INDEX
日本刀
刀装具
甲冑
日本刀・刀装具・甲冑の用語図解
日本刀物語
鑑賞と蒐集
日本刀の発見届けと登録
ご訪問の記録



表位列 日本刀の通信販売、諸工作。是非ご覧下さい。日本刀,刀剣,販売,位列,古刀,刀匠,刀工,新刀

位列表・・位列とは昔の人が決めた刀工ランクです。平均値で決定されています。

変換できない漢字はひらがなで表示します。 上作以下は受領名等は省略(同名の場合は省略せず)

古刀の部                    

最上作

藤四郎吉光 三条宗近、吉家 粟田口久国、国友、国綱、国吉、国安、国清、則国、有国 大原安綱、真守 一文字則宗、助宗、信房、則包、宗吉、助房、吉平 古備前友成、包平、正恒、助平、高平、信房、遠近、助包、助秀 相州行光 備前光忠、三郎国宗 長船長光 藤源次助真 豊後行平 新藤五国光 青江貞次、守次、恒次 五条兼永 畠田守家 来国行、孫太郎国俊 当麻国行 番鍛冶吉房 綾小路定利

上々作 青江俊次、包次、為次、次家、正恒 古備前利恒、友安、近包、吉包、恒遠、恒清、成包、正恒、真恒、義憲、行秀、助友 三条近村 初代包永 千手院力王、行信、重村、重弘 長船景秀、真長 一文字吉家、吉包、吉宗、吉房、吉用、為清、成宗、宗忠、則包、則房、信包、信正、延房、行国、助包、助吉、助成、助村、助則、助重、助久 大原為吉、有綱 左近将監長光 鵜飼雲次 竜門延吉 金王丸国吉 粟田口国延、国光 備前次郎国貞、四郎国安、国真 豊後定慶、定秀 片山真利 畠田真守 美作実経 筑州西連 中堂来光包 
上作 一海 助守 入西 家忠 家信 宝寿 了戒 良西 景依 景安 景政 仲真 長則 吉元 雲生 信光 則長 国村 国真 国家 信光 是助 有正 貞真 安清 康次 真国 助次 助吉 守重 基近 久信 重久 秀次 行次 行安 行秀 実阿 弘恒 弘次

中古刀の部

最上作 五郎入道正宗 彦四郎貞宗 郷義弘 来国俊、国光、国次 則重 筑州左 左兵衛尉景光 志津三郎兼氏 新藤次郎国広 長船兼光、長義
上々作

吉岡一文字助光、助義 正中一文字吉氏 大和志津包氏 初代信国 保昌貞吉 左安吉 当麻友清、有俊、次有 長船倫光、近景、元重、守忠、兼重、長重、義光 相州秋広、広光 長谷部国重 左国弘、吉貞、吉弘、定行 高田友行 真景 大隈権介貞次 中青江次直、次吉、千手院義弘 筑州貞吉 国光 金重 右衛門尉吉次 直江志津兼友

上作 友則 友安 友光 助村 助吉 基光 師光 家次 一乗 守弘 守次 守長 重信 重真 達磨重光 長船重光 修理亮盛光 長船盛光 盛広 俊長 倫国 外藤 兼俊 兼次 包吉 久次 弘安 弘行 秀光 光正 光長 景長 景則 景真 直次 忠吉 行弘 行観 清綱 菅原長吉 桃川長吉 長義 長守 貞興 貞綱 貞次 貞宗 貞真 貞清 真則 雲重 初代顕国 将長 政光 安行 康光 正家 正信 正光 正広 国時 国友 国吉 国長 国信 国秦 国行 国資 左衛門信国 式部信国
中上作 光世 光重 光弘 光守 盛景 長船盛重 源盛重 盛助 祐光 師久 師実 重家 重吉 重能 友次 友重 家守 家助 宝寿 清景 清永 利光 貞末 実綱 二代顕国 康永 正能 長守 永則 宗長 則綱 則光 法光 信光 豊前信国 包俊 包次 包真 包行 成家 宇多国次 国次 千手院国長 宇多国長 国宗 国安 国房 兼国 兼安 経家 恒弘 義清 能定 景長 吉則

末古刀の部

最上作 初代安城平長吉 孫六兼元 彦兵衛祐定 右京亮勝光 千子村正 与左衛門尉祐定 次郎左衛門尉勝光 和泉守兼定
上々作 左京進宗光 赤松政則 五郎左衛門尉清光 綱広 二代兼元 左衛門則光 修理亮勝光 源兵衛尉祐定 二代与左衛門祐定 千子正重 関兼基 兼明
上作 加州家永 大石家永 包守 治光 道印 包吉 包長 包貞 次郎九郎祐定 新十郎祐定 彦左衛門尉祐定 与三左衛門尉祐定 助広 寛近 広次 広正 広実 長盛 永光 法光 包清 延次 信長 教永 続吉 国宗 康春 康国 泰吉 正清 藤正 長船在光 在光 定家 清光 清左 幸光 鎮元 貫光 初代、三代綱広 綱宗 彦兵衛忠光 九郎左衛門忠光 修理亮忠光 経家 忠貞 賀光 初代義助 兼延 兼明 初代兼定 吉則 吉次
中上作 家吉 家能 家次 家貞 春光 治国 友重 具衝 近則 周重 包貞 包真 包元 兼音 兼友 兼吉 兼谷 兼常 兼綱 兼氏 兼国 三代兼定 関兼定 兼定 兼光 兼久 三代兼元 後代兼元 助次 助長 初代助宗 祐光 資永 資正 景光 重治 重吉 重武 重国 重並 重泰 重艦 重貞 重光 広家 広賀 広次 広助 平国 久光 元近 通吉 光重 行安 行光 加州清光 与三左衛門尉清光 大石左 清綱 二代義助 吉包 吉房 実忠 実次 真屋 定能 昌利 顕国 与五郎康重 藤右衛門尉康重 正家 正吉 正利 正信 正宗 安吉 末月山 軍勝 国助 国次 国昌 井原国重 左兵衛国重 国広 国久 国守 平安城信国 氏貞 氏房 能秀 祥末 武永 綱家 綱善 村重 三代村正 長吉 次広

新刀の部

最上作 長曾禰興里、興正 越前守助広 埋忠明寿 信濃守国広 野田繁慶 肥前国初代忠国 井上真改 南紀初代重国 山城大じょう国包 一平安代 主水正正清 陸奥守忠吉 堀川国安 初代康継
上々作 津田助直 大隈じょう正弘 ソボロ助広 山城守国包 東山美平 大与五国重 多々良長幸 埋忠重義 肥後守輝広 近江大じょう忠広 出羽大じょう国路 小笠原長旨 初代政常 坂倉言之進照包 一竿子忠綱 初代正俊 肥後大じょう貞国 兼若 和泉守国貞 長曾禰興直、興久 大和守安定 法城寺正弘
上作 国虎 国包 国武 初代国康 国正 国輝 初、二代国清 国幸 三郎兵衛尉国重 市蔵国重 国平 初、二代国助 初、二代一峰 治国 卜伝 歳長 勝国 初代包吉 左包保 右包保 包貞 兼若 兼法 兼重 加卜 吉家 吉包 吉武 埋忠吉信 肥前吉信 吉国 吉政 初代吉房 肥前吉貞 信国吉貞 丹波守初、二代吉道 大坂丹波初代吉道 伏見吉道 大和守初代吉道 吉広 頼貞 大道 土佐守忠吉 近江大じょう忠吉 近江守忠吉 信濃初代忠国  播磨大じょう忠国 忠清 忠重 為家 宗栄 綱広 常光 初代継平 陳直 初、二代信高 飛騨守氏房 備後守氏房 備前守氏房 長綱 長宗 長国 三善初代長道 初代安倫 初代安国 二、三代康継 正慶 初代正則 伊豆守正房 正房 河内大じょう正広 河内守正広 二代法城寺正弘 清平 真了 兼植 兼中 上野大じょう祐定 七兵衛祐定 守次 久道 盛国 弘幸 繁昌 貞次 貞則 貞国 初代伊賀守金道 初代和泉守金道 来金道 清光 初代出羽大じょう行広 光平 二代南紀重国 重義 在吉 輝広 是次 初代是一 初代三善政長 美濃守政常 二代相模守政常
中上作 甚太夫兼若 兼武 兼植 兼則 角兵衛兼信 源一郎兼信 兼巻 初代会津兼定 奥州兼定 近江大じょう兼定 上野守兼定 宗十郎兼先 因州兼先 二代丹後守兼道 兼広 遠江守兼広 濃州兼元 豊後守金高 播磨守金高 景平 髪継 岩倦 家忠 家重 家広 家平 友行 友重 歳長 具衝 勝吉 勝家 勝国 初代包蔵 初代包国 包則 包綱 包永 鎮忠 鎮政 美濃守寿命 弘安斎寿命 七左 三郎広賀 七郎広賀 広則 広信 広貞 弘包 弘隆 秀辰 金四郎久道 本行 助高 摂州住助宗 豊後守助宗 助政 祐国 河内守祐定 大和大じょう祐定 源左衛門尉祐定 宗左衛門尉祐定 方清 冬広 二代武蔵是一 照門 芸州輝広 有平 貞次 貞信 摂州貞国 下坂貞国 初代実行 伊賀守金道 清宣 非人清光 清重 紀充 行長 行清 行光 初代行広 光代 光国 初、二代重高 吉武 法城寺吉次 信国吉次 吉成 吉信 吉国 吉正 吉房 吉英 二代丹波守吉道 二代大阪吉道 二代大和守吉道 二代吉広 二代安倫 安周 安国 安在 二代安定 安貞 安行 四代康継 康永 康道 康重 初代康広 二代俊正 平安城俊正 正全 正近 正勝 正良 正綱 正永 二代正則 正房 正重 正成 政国 国勝 国包 国義 山城国次 寿徹国次 越前国次 二代国康 国正 和泉国輝 国光 山城国重 市兵衛尉国重 茂右衛門国重 興五右衛門国重 鬼神丸国重 国広 摂州国平 加州国平 国英 初代石見国助 義植 義国 義助 大明京 二、三代信濃忠国 播磨忠国 下総忠清 薩州忠清 陸奥守大道 信濃守大道 為家 初代為康 陸奥守為康 高平 貴道 種広 信屋 信友 信濃守信吉 越前守信吉 則利 綱重 近江守綱広 常光 継利 三代継平 氏房 統行 宗弘 二、三代長道 直房 直道 宗道 宗次 永国 永道 宗綱 

新々刀の部

最上作 水心子正秀  源清麿  大慶直胤  左行秀  大和守元平
上々作

柄山正重 月山貞一 栗原信秀 伯き守正幸 固山宗次 次郎太郎直勝 細川正義 山浦真雄 運寿是一 市毛徳燐

上作 寿格 祐永 助隆 助政 久幸 寿実 朝尊 会津兼定 和泉守兼定 包則 義隆 六代、八代忠吉 宗寛 長信 綱俊 初代徳勝 正雄 二代正秀 正明 正次 清人 貞吉 
中上作 兼虎 兼次 兼先 寿隆 寿幸 寿秀 近則 一秀 宝寿 友英 俊一 盛近 助共 祐利 初代祐包 祐芳 祐直 五十六代孫祐定 祐信 祐平 祐光 祐定 吉明 吉幸 吉道 義規 義国 義昌 義重 義弘 克一 慶任 忠義 胤吉 胤明 胤光 三代、四代継平 十三代綱広 二代綱俊 綱倫 綱信 綱英 長道 宗俊 宗明 宗有 宗平 氏繁 直勝 直安 直秀 直道 永貞 永弘 二代徳燐 徳宗 則之 信一 信連 正利 正俊 正勝 正吉 正義 正良 正行 正守 八代康継 安明 安村 円真 将応 昌直 源兵衛国包 栄助国包 国吉 国良 国宗 国重 国秀 角大八元興 入道松軒元興 元武 元長 元安 元平 元寛 重包 重胤 重秀 繁寿 広光 弘元 久一 久義 秀世 英義 紹芳 昭秀 貞俊 清秀 行周 行安 行秀 野州行秀 光昌 三秀

以下の資料は、当店が展示即売会を行う際に会場壁面に掲げるパネルの一部です。

刀剣略年表
古刀新刀、刀工番付
日本刀・刀装具部分名称
日本刀の姿の変遷
甲冑の名称

刀剣略年表

索引・
奈良
平安
鎌倉(初期)
鎌倉(中期)
鎌倉(最末期)
南北朝
室町(初・前期)
室町(初・後期)
室町(戦国期)
桃山(古刀期)
桃山(新刀期)
江戸(新刀期)
江戸(新々刀期)
時代
年号
著 名 刀 工
歴史事項
西暦
奈良時代
大宝(3)
天国、天座
大宝律令成立
701
和銅(7)
神息
和同開珎作る
708
平安時代
大同(4)
伯耆安綱
空海帰朝真言宗を始む
806
嘉承(3)
伯耆真守
長年大宝を新鋳
848
永延(2)
三条宗近、備前友成、高平、包平、助平、豊前長円、薩摩正国
良源に慈恵の号おくる
987
長徳(4)
 〜
正安(4)
備前正恒
三条吉家、五条兼永、国長、河内有成
筑後三池元真、備前真恒、助村、備中青江安次、守次、美濃外藤、波平行正、行安、豊後定秀、備中青江則高
藤原道長内覧となる
 〜
清盛女徳子入内
995
 〜
1171
鎌倉時代
(初期)
元暦
 〜
寛喜
備前則宗、信房、青江貞次、康次、恒次、恒清、豊後行平、青江包次
粟田口国友、久国
粟田口国安、福岡一文字安則、宗吉、青江恒遠、粟田口国清、有国
青江次忠、正恒
福岡一文字助宗、成宗、宗忠、助包、青江恒次、次家
福岡一文字助成、青江為次、俊次
福岡一文字延房、吉房、備前次郎国貞
粟田口則国、福岡一文字延正、青江助次
福岡一文字則房、宗長
木曽義仲敗死

全国飢饉
1184

1231
鎌倉時代
(中期)
貞永
 〜
乾元
福岡一文字助則、備前三郎国宗(初代)、畠田守家(初代)
福岡一文字吉用、一文字真利
備前友成(末代)
長船光忠、福岡一文字吉元
福岡一文字吉房(二代)福岡一文字則房(二代)、吉平、則包、吉包、鎌倉一文字助真、長船景秀、中青江恒次、粟田口国綱、国光
来国行、粟田口国吉、吉光、福岡一文字吉宗
綾小路定利、長船長光(初代)、備前三郎国光(二代)、畠田守家(二代)、二王清綱
延寿国村
二字国俊、福岡一文字吉房(三代)
来国俊(初代)、了戒(初代)、当麻国行、手掻包永(初代)、将監長光(二代)、畠田真守
福岡一文字長則、三郎国宗(三代)、畠田守家(三代)、大進房祐慶、新藤五国光、芸州入西
長船景光、真長、長元、恒光(末代)、雲生(初代)、延寿国資
式目五十一条制定
 〜
一向宗僧徒の諸国横行禁止
1232

1302
鎌倉時代
(最末期)
嘉元
 〜
元徳
相州行光、来国光、吉岡一文字助吉、古元重、中原国宗、因州景長(初代)
中堂来光包、延寿国泰
相州正宗、新藤五国泰、来国真(初代)、倫国(初代)、備前雲次(初代)、畠田守重、末青江恒次
保昌貞宗、貞吉、龍門延吉、新藤五国広、談義所国吉、延寿国時、雲生(二代)
来国俊(二代)、来国末、長船元重(初代)、近景、吉岡一文字助光
手掻包永(二代)、平安城光長、則重(初代)、尻懸則長(初代)、青江吉次、次直、三原正家(初代)、延寿国友、奥州宝寿(後代)
来国次、新藤五国重、長船景政、末青江貞次、筑前実阿
相州貞宗、長船兼光(初代)、義光(初代)、吉岡一文字助義、正中一文字家吉、来国長(初代)、来国安、国分寺助国
新後撰和歌集撰進
1303

1330
南北朝時代
元弘・正慶
 〜
元中・明徳
長谷部国重(初代)、高木貞宗、長船長重、義景(初代)、吉井景則(初代)、因州景長(二代)、美濃外藤(末代)、豊後友行(初代)
志津兼氏、大左、青江直次
郷義弘、尻懸則長(二代)、吉井真則、末青江守次、次吉
相州広光(初代)、長船元重(二代)、直江志津兼次、兼友、左行弘
長義、泰長義、倫光(初代)、長守、雲重(初代)、来倫国(二代)、千手院義弘、山城信国(初代)、長谷部国重(二代)、国信
手掻包永(三代)、長船兼光(二代義光)、基光、義景(二代)、大宮盛景(初代)、甘呂俊長、左安吉、吉貞、弘安、筑前盛高
長船政光(初代)、重光(初代)、小反成家、宇多国房(初代)
相州秋広、美濃金重、則長(二代)、備前兼長、倫光(二代)、雲生(三代)、三原政広(初代)、正家(二代)、石州直綱(初代)、賀州真景(初代)、法城寺国光(初代)、千代鶴国安、長州安吉(初代)、左吉弘、国弘、延寿国綱、豊後友行(二代)
来国長(二代)、長船経家(初代)、雲次(二代)、雲重(二代)、小反秀光
越中為継、宇多国宗、石州直重
長船師光(初代)、石州直綱(二代)
相州広光(二代)
吉井景則(二代)、賀州真景(二代)、奥州宝寿(末代)
山城信国(二代)
大宮盛景(二代)、吉井則綱、三原正信、甘呂顕光
元弘の乱
 〜
南禅寺焼亡す
1331

1393
室町時代
(初・前期)
応永
 〜
正長
信国(三代)、源左衛門尉信国、左部丞信国、長谷部国重(三代、六郎左衛門尉)、手掻包重、包俊、包行、長船盛光(二代、修理亮)、康光(初代、右衛門尉)、康光(二代、左京亮)、重光(二代)、師光(二代)、経家(二代)、祐光(二代)、吉井吉則、清則、永則、大宮盛重(三代)、備後法華一乗、三原正広(二代)、正家(三代)、二王清永、清景、長州安吉(二代)、顕国、善定兼吉、関兼常(初代)、兼則、蜂屋兼定(初代)、藤島友重、宇多国房(二代)、国宗(二代)、法城寺国光(二代)
石州貞綱、因州景長(三代)、筑前盛高(後代)
長船盛光(三代)
後亀山上皇、足利義満を引見す
 〜
正長の土一揆
1394

1428
室町時代
(初・後期)
永享
 〜
文正
尻懸則長(末代)、師光(三代)、経家(三代)、祐光(三代)、吉井吉則、宇多国宗(三代)、賀州行光手
濃州兼房(初代)、兼常(二代)、大宮盛重(四代)、越前千代鶴守弘
濃州兼元(初代)、赤坂千手院、康光(三代)、筑前三池光世(末代)
三条吉則
島田義助(初代)
村正(初代或いは二代)、因州行景、平長盛(初代)、筑前盛高(末代)
長船則光(左衛門尉)、賀光
楠光正処刑さる
 〜
山城・大和・近江に馬借一揆
1429

1466
室町時代
(戦国期)
応仁
 〜
元亀
平安城長吉、手掻包清、関兼定(初代)、兼房(二代)、兼常(三代)
左京進宗光、右京亮勝光、家助(三代)、大宮盛重(五代)、相州広正
長船忠光
孫六兼元(二代)、相州広次、島田義助(二代)、加州清光
村正(二代或いは三代)、島田助宗(初代)、長船春光、若狭守氏房(初代)
次郎左衛門尉勝光、孫右ヱ門尉清光
与三左衛門尉祐定(初代)、彦兵衛尉祐定、与左衛門尉祐定、長船幸光、法光、相州正広、総宗、国次、和泉守兼定(二代、之定)、兼房(三代)、若州冬広、伯州広賀(初代)、平長盛(二代)
伊勢正重、島田義助(三代)、蜂屋兼定(二代)、月山(末代)
修理亮勝光、古水田国重、下原康重、照重
五郎左衛門尉清光、源兵衛尉祐定、次郎九郎祐定、相州綱広(初代)、康春、島田宗助(二代)、広助
濃州兼定(三代、疋定)、兼定(別人之定)、蜂屋兼貞(三代)、兼元(三代)、兼法、平鎮盛
大和金房政次、伯州広賀(二代)
彦兵衛尉清光、島田義助(四代)、兼房(四代)
新十郎祐定、相州綱広(二代)、若狭守氏房(二代)
応仁の乱
 〜
三方ケ原合戦
1467

1572
桃山時代
(古刀期)
天正
 〜
文禄
陸奥守大道、濃州兼氏(末代)、若州冬広(後代)、与三左衛門尉祐定(二代)
武田信玄没

秀吉、秀次に自殺を命ず
1573

1595
桃山時代
(新刀期)
慶長
 〜
寛永
埋忠明寿、重義、堀川国広、国安、国儔、国路、正弘、弘幸、国幸、伊賀守金道、来金道、丹波守吉道、越中守正俊、越前康継、肥後大掾貞国、兼法、兼則、兼植、肥前忠吉、伊予掾宗次、同田貫上野介、加州兼若、肥後輝広、播磨守輝広、備中国重(三郎兵衛尉)、相模守政常、伯耆守信高、飛騨守氏房、陸奥守大道
南紀重国、江戸繁慶、和泉守国貞、河内守国助、大和大掾正則、会津長国
武蔵大掾忠広(初代忠吉同人)、近江大掾忠広、肥前正広(初代)、播磨大掾忠国、伊賀守金道(二代)、栄泉金道(二代)、丹波守吉道(二代)、信濃守信吉(初代)、信濃大掾忠国、大与五国重、康継(二代)、和泉守兼重、山城大掾国包、会津政長、山城守国清、加州家忠、佐々木一峰、伊豆守正房、信国吉次
秀吉、明に再出兵決意

寛永諸家系図伝できる
1596

1643
江戸時代
(新刀期)
正保
 〜
享和
陸奥守忠吉、左陸奥包保、大村加ト
そぼろ助広、河内守国助(二代)、丹波守吉道(大坂初代)、武蔵大掾是一、日置光平、法城寺正弘、文殊重国(二代)
対馬守常光、又助兼若、加州勝国、七兵衛尉祐定
長曽祢虎徹、井上真改、近江守忠綱、相州綱広(五代)
長曽祢興正、興久、興直、津田助広、大和守吉道、越後守包貞、肥後守国康、小林国輝、丹後守兼道、右陸奥包保、聾長綱、伊賀守金道(三代)、和泉守金道(三代)、大和守安定、康継(江戸及び越前三代)、越中清光、山城守国包(二代)、三善長道、肥前行広(初代)、正広(二代)、横山祐定、筑前是次、豊後友行
坂倉照包、越後守包貞(二代)、土肥真了、鈴木貞則、久道(初代)、小笠原長旨、坂東太郎ト伝、四郎左ヱ門尉兼若(三代)、播磨右作宗栄、筑前守次
近江守助直、多々良長幸、東山美平
源次郎国包(三代)、奥州和泉守国虎、近江守継平
一竿子忠綱、近江守久道(二代、金四郎)、大和筒井紀充、出羽守行広(二代)、筑州信国吉包、武蔵大掾是一(二代)、法城寺国正
主水正正清、一平安代、筑州信国重包、武蔵太郎安国
石堂是一(三代)、近江守継平(二代)
薩州伯耆守正幸(以下新々刀期に属す刀工)
水心子正秀、薩摩大和守元平、肥前忠吉(六代)、因州浜部寿格、大坂尾崎助隆、奥州手柄山正繁、相州綱広(九代)、因州浜部寿実
高知藩で野中兼山登用さる

米国船「ナガサキ」通商を求め長崎入港
1644

1803
江戸時代
(新々刀期)
文化
 〜
慶応
大慶直胤、江戸加藤綱英、水戸直江助政、水戸市毛徳隣、尾張青木元良、薩州奥元武、奥元寛
南海太郎朝尊、水心子貞秀(二代正秀)、細川正義、長運斎綱俊、信州河村寿隆
源清麿、山浦真雄、水心子正次、氷心子秀世、固山宗次、江戸高橋長信、横山加賀介祐永、肥前忠吉(八代)
河内舞鶴友英
次郎太郎直勝、江戸藤枝太郎英義、筑州左行秀、月山貞吉
信秀、正雄、清人、兼虎、運寿是一、泰竜斉宗寛、川井久幸、水戸烈公、勝村徳勝、会津兼定(十代)
城慶子正明、御勝山永貞、弥門直勝、奥州松軒元興
露使レザノフ通商を求む

大政奉還
1804

1867
INDEX

ホームページ 刀剣の鑑賞 刀剣鑑定 刀剣に関する質問 高遠堂叢書 古今銘盡

 日本刀と武器武具

刀剣略年表
時代   年号 著名刀工 歴史事項 西暦
奈良時代 大宝
(3)
天国、天座 大宝律令成立 701
  和銅
(7)
神息 和同開珎作る 708
平安時代 大同
(4)
伯耆安綱 空海帰朝真言宗を始む 806
  嘉承
(3)
伯耆真守 長年大宝を新鋳 848
  永延
(2)
三条宗近、備前友成、高平、包平、助平、豊前長円、薩摩正国 良源に慈恵の号おくる 987
  長徳
(4)

正安
(4)
備前正恒
三条吉家、五条兼永、国長、河内有成
筑後三池元真、備前真恒、助村、備中青江安次、守次、美濃外藤、波平行正、行安、豊後定秀、備中青江則高
藤原道長内覧となる

清盛女徳子入内
995

1171
鎌倉時代
(初期)
元暦

寛喜
備前則宗、信房、青江貞次、康次、恒次、恒清、豊後行平、青江包次
粟田口国友、久国
粟田口国安、福岡一文字安則、宗吉、青江恒遠、粟田口国清、有国
青江次忠、正恒
福岡一文字助宗、成宗、宗忠、助包、青江恒次、次家
福岡一文字助成、青江為次、俊次
福岡一文字延房、吉房、備前次郎国貞
粟田口則国、福岡一文字延正、青江助次
福岡一文字則房、宗長
木曽義仲敗死

全国飢饉
1184

1231
鎌倉時代
(中期)
貞永

乾元
福岡一文字助則、備前三郎国宗(初代)、畠田守家(初代)
福岡一文字吉用、一文字真利
備前友成(末代)
長船光忠、福岡一文字吉元
福岡一文字吉房(二代)福岡一文字則房(二代)、吉平、則包、吉包、鎌倉一文字助真、長船景秀、中青江恒次、粟田口国綱、国光
来国行、粟田口国吉、吉光、福岡一文字吉宗
綾小路定利、長船長光(初代)、備前三郎国光(二代)、畠田守家(二代)、二王清綱
延寿国村
二字国俊、福岡一文字吉房(三代)
来国俊(初代)、了戒(初代)、当麻国行、手掻包永(初代)、将監長光(二代)、畠田真守
福岡一文字長則、三郎国宗(三代)、畠田守家(三代)、大進房祐慶、新藤五国光、芸州入西
長船景光、真長、長元、恒光(末代)、雲生(初代)、延寿国資
式目五十一条制定

一向宗僧徒の諸国横行禁止
1232

1302
鎌倉時代
(最末期)
嘉元

元徳
相州行光、来国光、吉岡一文字助吉、古元重、中原国宗、因州景長(初代)
中堂来光包、延寿国泰
相州正宗、新藤五国泰、来国真(初代)、倫国(初代)、備前雲次(初代)、畠田守重、末青江恒次
保昌貞宗、貞吉、龍門延吉、新藤五国広、談義所国吉、延寿国時、雲生(二代)
来国俊(二代)、来国末、長船元重(初代)、近景、吉岡一文字助光
手掻包永(二代)、平安城光長、則重(初代)、尻懸則長(初代)、青江吉次、次直、三原正家(初代)、延寿国友、奥州宝寿(後代)
来国次、新藤五国重、長船景政、末青江貞次、筑前実阿
相州貞宗、長船兼光(初代)、義光(初代)、吉岡一文字助義、正中一文字家吉、来国長(初代)、来国安、国分寺助国
新後撰和歌集撰進 1303

1330
南北朝
時代
元弘
正慶

元中
明徳
長谷部国重(初代)、高木貞宗、長船長重、義景(初代)、吉井景則(初代)、因州景長(二代)、美濃外藤(末代)、豊後友行(初代)
志津兼氏、大左、青江直次
郷義弘、尻懸則長(二代)、吉井真則、末青江守次、次吉
相州広光(初代)、長船元重(二代)、直江志津兼次、兼友、左行弘
長義、泰長義、倫光(初代)、長守、雲重(初代)、来倫国(二代)、千手院義弘、山城信国(初代)、長谷部国重(二代)、国信
手掻包永(三代)、長船兼光(二代義光)、基光、義景(二代)、大宮盛景(初代)、甘呂俊長、左安吉、吉貞、弘安、筑前盛高
長船政光(初代)、重光(初代)、小反成家、宇多国房(初代)
相州秋広、美濃金重、則長(二代)、備前兼長、倫光(二代)、雲生(三代)、三原政広(初代)、正家(二代)、石州直綱(初代)、賀州真景(初代)、法城寺国光(初代)、千代鶴国安、長州安吉(初代)、左吉弘、国弘、延寿国綱、豊後友行(二代)
来国長(二代)、長船経家(初代)、雲次(二代)、雲重(二代)、小反秀光
越中為継、宇多国宗、石州直重
長船師光(初代)、石州直綱(二代)
相州広光(二代)
吉井景則(二代)、賀州真景(二代)、奥州宝寿(末代)
山城信国(二代)
大宮盛景(二代)、吉井則綱、三原正信、甘呂顕光
元弘の乱

南禅寺焼亡す
1331

1393
室町時代
(初・前期)
応永

正長
信国(三代)、源左衛門尉信国、左部丞信国、長谷部国重(三代、六郎左衛門尉)、手掻包重、包俊、包行、長船盛光(二代、修理亮)、康光(初代、右衛門尉)、康光(二代、左京亮)、重光(二代)、師光(二代)、経家(二代)、祐光(二代)、吉井吉則、清則、永則、大宮盛重(三代)、備後法華一乗、三原正広(二代)、正家(三代)、二王清永、清景、長州安吉(二代)、顕国、善定兼吉、関兼常(初代)、兼則、蜂屋兼定(初代)、藤島友重、宇多国房(二代)、国宗(二代)、法城寺国光(二代)
石州貞綱、因州景長(三代)、筑前盛高(後代)
長船盛光(三代)
後亀山上皇、足利義満を引見す

正長の土一揆
1394

1428
室町時代
(初・後期)
永享

文正
尻懸則長(末代)、師光(三代)、経家(三代)、祐光(三代)、吉井吉則、宇多国宗(三代)、賀州行光手
濃州兼房(初代)、兼常(二代)、大宮盛重(四代)、越前千代鶴守弘
濃州兼元(初代)、赤坂千手院、康光(三代)、筑前三池光世(末代)
三条吉則
島田義助(初代)
村正(初代或いは二代)、因州行景、平長盛(初代)、筑前盛高(末代)
長船則光(左衛門尉)、賀光
楠光正処刑さる

山城・大和・近江に馬借一揆
1429

1466
室町時代
(戦国期)
応仁

元亀
平安城長吉、手掻包清、関兼定(初代)、兼房(二代)、兼常(三代)
左京進宗光、右京亮勝光、家助(三代)、大宮盛重(五代)、相州広正
長船忠光
孫六兼元(二代)、相州広次、島田義助(二代)、加州清光
村正(二代或いは三代)、島田助宗(初代)、長船春光、若狭守氏房(初代)
次郎左衛門尉勝光、孫右ヱ門尉清光
与三左衛門尉祐定(初代)、彦兵衛尉祐定、与左衛門尉祐定、長船幸光、法光、相州正広、総宗、国次、和泉守兼定(二代、之定)、兼房(三代)、若州冬広、伯州広賀(初代)、平長盛(二代)
伊勢正重、島田義助(三代)、蜂屋兼定(二代)、月山(末代)
修理亮勝光、古水田国重、下原康重、照重
五郎左衛門尉清光、源兵衛尉祐定、次郎九郎祐定、相州綱広(初代)、康春、島田宗助(二代)、広助
濃州兼定(三代、疋定)、兼定(別人之定)、蜂屋兼貞(三代)、兼元(三代)、兼法、平鎮盛
大和金房政次、伯州広賀(二代)
彦兵衛尉清光、島田義助(四代)、兼房(四代)
新十郎祐定、相州綱広(二代)、若狭守氏房(二代)
応仁の乱

三方ケ原合戦
1467

1572
桃山時代
(古刀期)
天正

文禄
陸奥守大道、濃州兼氏(末代)、若州冬広(後代)、与三左衛門尉祐定(二代) 武田信玄没

秀吉、秀次に自殺を命ず
1573

1595
桃山時代
(新刀期)
慶長

寛永
埋忠明寿、重義、堀川国広、国安、国儔、国路、正弘、弘幸、国幸、伊賀守金道、来金道、丹波守吉道、越中守正俊、越前康継、肥後大掾貞国、兼法、兼則、兼植、肥前忠吉、伊予掾宗次、同田貫上野介、加州兼若、肥後輝広、播磨守輝広、備中国重(三郎兵衛尉)、相模守政常、伯耆守信高、飛騨守氏房、陸奥守大道
南紀重国、江戸繁慶、和泉守国貞、河内守国助、大和大掾正則、会津長国
武蔵大掾忠広(初代忠吉同人)、近江大掾忠広、肥前正広(初代)、播磨大掾忠国、伊賀守金道(二代)、栄泉金道(二代)、丹波守吉道(二代)、信濃守信吉(初代)、信濃大掾忠国、大与五国重、康継(二代)、和泉守兼重、山城大掾国包、会津政長、山城守国清、加州家忠、佐々木一峰、伊豆守正房、信国吉次
秀吉、明に再出兵決意

寛永諸家系図伝できる
1596

1643
江戸時代
(新刀期)
正保

享和
陸奥守忠吉、左陸奥包保、大村加ト
そぼろ助広、河内守国助(二代)、丹波守吉道(大坂初代)、武蔵大掾是一、日置光平、法城寺正弘、文殊重国(二代)
対馬守常光、又助兼若、加州勝国、七兵衛尉祐定
長曽祢虎徹、井上真改、近江守忠綱、相州綱広(五代)
長曽祢興正、興久、興直、津田助広、大和守吉道、越後守包貞、肥後守国康、小林国輝、丹後守兼道、右陸奥包保、聾長綱、伊賀守金道(三代)、和泉守金道(三代)、大和守安定、康継(江戸及び越前三代)、越中清光、山城守国包(二代)、三善長道、肥前行広(初代)、正広(二代)、横山祐定、筑前是次、豊後友行
坂倉照包、越後守包貞(二代)、土肥真了、鈴木貞則、久道(初代)、小笠原長旨、坂東太郎ト伝、四郎左ヱ門尉兼若(三代)、播磨右作宗栄、筑前守次
近江守助直、多々良長幸、東山美平
源次郎国包(三代)、奥州和泉守国虎、近江守継平
一竿子忠綱、近江守久道(二代、金四郎)、大和筒井紀充、出羽守行広(二代)、筑州信国吉包、武蔵大掾是一(二代)、法城寺国正
主水正正清、一平安代、筑州信国重包、武蔵太郎安国
石堂是一(三代)、近江守継平(二代)
薩州伯耆守正幸(以下新々刀期に属す刀工)
水心子正秀、薩摩大和守元平、肥前忠吉(六代)、因州浜部寿格、大坂尾崎助隆、奥州手柄山正繁、相州綱広(九代)、因州浜部寿実
高知藩で野中兼山登用さる

米国船「ナガサキ」通商を求め長崎入港
1644

1803
江戸時代
(新々刀期)
文化

慶応
大慶直胤、江戸加藤綱英、水戸直江助政、水戸市毛徳隣、尾張青木元良、薩州奥元武、奥元寛
南海太郎朝尊、水心子貞秀(二代正秀)、細川正義、長運斎綱俊、信州河村寿隆
源清麿、山浦真雄、水心子正次、氷心子秀世、固山宗次、江戸高橋長信、横山加賀介祐永、肥前忠吉(八代)
河内舞鶴友英
次郎太郎直勝、江戸藤枝太郎英義、筑州左行秀、月山貞吉
信秀、正雄、清人、兼虎、運寿是一、泰竜斉宗寛、川井久幸、水戸烈公、勝村徳勝、会津兼定(十代)
城慶子正明、御勝山永貞、弥門直勝、奥州松軒元興
露使レザノフ通商を求む

大政奉還
1804

1867